七夕

thumbnail_20170707085216.jpg

   彦星の  しづまりかへる  夕べかな    青々

 今年も 半分を過ぎまして七夕になりました。 元々そんな
風情のある街に育ったわけでは無いので、家々の軒端に
笹の葉揺れる景色は身近ではありませんでしたが、それでも
この時期商店街のアーケードの下、さらさらと風に揺れる
ビニールの笹飾りは、もうすぐ夏休みが来るとの期待と相まって、
何とも楽しげでソワソワした気分にさせてくれました。

 ま、今となっては、テレビの天気予報で『今日は七夕』の声を
聞いて、「あ、そうだっけ?」と、思い出す程度になってしまって
いるのも、むべなるかな、てな具合でアリマス。

 とは言え繰り返しになりがちな日々の暮らしにこういった季節の
句読点みたいな行事って良いもんでアリマス。

 只々暑い日が続くな~、と、思うより、「今年の七夕は、なかなか
暑いね」と、考えた方がチョット我慢が出来そうな気が…しないか…。

 ところで今夜、七夕には珍しく、晴れの予報が出てるんすよね。
一献傾けながら、夜空なんか眺めちゃおうかな、と、思うのでした。
スポンサーサイト

コエンドロ

thumbnail_20170620084151.jpg

 最近何かと話題のパクチー、我が家でも一寸茂って
まいりました。 インスタントのフォーなんぞに添えれば
なかなかエスニックであります。

 とは言え、初めて食べた時の衝撃は中々のもので
ありました。 もう三十年近く昔の事ではありますが
しばしば中国に仕事で行く機会がありまして、朝昼晩と
彼の地の人と同じ物を戴いておったのですが、好き嫌い
ナンテ無いやい、と、信じていたアタシが、ゴメンナサイと
きつかったのが、八角とこのパクチーでありました。

 中国では香りの草と書いて『しゃんつぁい』と呼ばれて
おりましたが、和名ではコエンドロ、今はコリアンダーの
方が通りが良いようであります。

 原産は東ヨーロッパ。 名前の多様さは、それだけ
広い地域で愛されてきた証でありましょう。

 アタシも、いつの間にやら好きなものの一つに数える
ようになりましたが、つまりこれも、『馬には乗ってみよ
人には添うてみよパクチーは食べてみよ』と、謂う教訓
であるなと感じるのであります。つまり、なんでも経験して
みないと実際の処は判らないもんだと。

 しかし、八角に関しては、実は今もチョット、いや、かなり
にがてかも、と、思うのでした。

タンゴだって?

20170530110000.jpg

 いやぁ~暑いっすねぇ  今日は何の日かって云うと、旧暦では
端午なんだそうであります。  マジでか! とは思いつつ、確かに
こんだけ暑いと菖蒲湯なんか入って気持ち好いかもしんないっすな。

 う~ん、五月の節句はすっかり夏、なんであります。 だって、旧暦
だと、初夏は四月ってことだそうですから。 なんかもう、色々ずれてて
訳判んないっす。

 てなわけで、毎年、梅雨寒がアルかも、なんて出してあるストーブ
とうとう片しました。 だって見てると暑いんだもん。 しかし、今年に
限って梅雨寒あったらどうしましょう。なんて一寸ビクビクしちゃうなア
と、思うのでした。

五月でアリマス。

20170503


  えにしだの 黄にむせびたる 五月かな   万太郎

 うかうかと日を過ごして、ふと気づけば1年もはや3分の1を
過ぎました。 暦の上ではすでに夏。 日中は半袖が気持ち
良かったりします。 で、陽気が好いとついついお出かけしたく
なって、

201705031

 こんなところや、

201705032

 こんなところにふらふらと出没したりしております。いやはや
何ともこの時期、どこへ行っても気持ちがようございますな。

 その、なんと云うか、目に映る何もかも色鮮やかな気がする
のであります。 年のせいか何なのか目のピントも少々甘くなって
見たくないものはうまい具合に見えなくなってるんすかね。

 実に世の中美しいのであります。 が、しかし、背中の方から
じわじわ気配、感じてるんすよね~。 まあもう一寸、と、そのままに
しているストーブやコタツ、そろそろかたさないとな~、扇風機
出せないし。

 あ、ひょっとしてそれがめんどくさいから、家に居ないように
してるのか?と、思うのでした。

なんでやねん

thumbnail_20170405090158.jpg

 この白いリボンに赤いベロが付いているのは、ブライドルテープ
と云って、主に、アップライトピアノに使われていて、絃を叩いた
ハンマーを速やかに元の位置に戻す役割があります。

 先日、初めての依頼のあったとある施設のピアノで、このパーツが
半分近く交換されているピアノにあたりました。 同業の方なら、「ああ」
と、思い当たるわけでありますが、そうです、ネズミが入ったピアノで
あります。

 フムフムと、作業を進めて、棚板の点検と掃除の為、鍵盤を外しますと…

thumbnail_20170323100730.jpg

 ありゃま!巣が残ってるじゃん! て事は、ブライドルテープの修理した人
付けるだけ付けて、掃除しなかったんだ! と、頭の中いっぱいに?マークを
浮かべながら、マジマジとネズミの巣を見てて思ったのでありますが、いや~
見れば見るほど佳く出来ているのであります。 何がって? 巣がですよ。

 職業的にはネズミに喰われるなんて、困ったことなのではありますが、わざわざ
柔らかい素材を集めて子ネズミの居心地が良いようにホントに気を使って作ってる
んすよね~。なんかもうジワっと来ちゃいますですはい。まぁ片付けちゃうんです
けどね当然。

 それはそうと、なんで前の人は片付けなかったんだろう?ひょっとしてまだ
子ネズミが居たとか?何はともあれ謎だなア、と、思うのでした。