寒くなってきました

thumbnail_20171117082859.jpg

  蜂ねぶる 舌やすめずに 疣毟   誓子
 
 今朝、玄関先にカマキリがおりまして、おもわず「うひゃ~」と
悲鳴をあげてしまいました。 ご近所の皆様失礼いたしました。

 因みに『疣毟』、『いぼむしり』と読みます。 なんかもう、あの
鎌でいぼをブチッとやるのかと想像すると恐ろしいのですが、
実は違って。  この虫でイボをさすると消えると云うことらしいっす。
何がって、虫じゃないすよ、イボが消えるんすよ。 それにしたって
これでイボを。 考えただけで肌に粟立つ感じでアリマス。 誰だ
そんなこと考えたの。 

 イヤもうだいぶ寒くなってきたので少々油断しておりました、どうも
アタシ虫が苦手で、イキナリ出くわすと魂消てしまうのであります。
勿論連中には何の罪もありませんがこればっかりはねぇ。

 そう云えば数日前、車庫の壁にカマキリの卵くっついてたけど
どうなったろう。 無意識に見ないようにしてるのか、発見以来
全く忘れておりました。 勇気を出してチョット見に行ってみようかな、
と、思うのでした。
スポンサーサイト

秋もすっかり

thumbnail_20171102074307.jpg

  わがいのち きくにむかひて しづかなる  秋桜子

 来週には立冬も控えて、秋もすっかり深まってまいりました。
ヤッパリなんですね、こんな季節は心も淡々と静かにっと思ってたんすが、
先日特売でめんつゆ買ったんすけど買い置きしてあるのと賞味期限
見比べてびっくり!

 買い置き分
thumbnail_20171102084640.jpg

 新しく買った分
thumbnail_20171102084727.jpg

 お判りになります? アタシも最初、なんか目の隅にチョットした
違和感を感じただけなんすがマジマジと見比べたらカロリーが変わってるん
すよね~、こりゃタマゲタ。 サイゼリヤの間違い探しより難しいっす。

 で、他にもないかと探したらコレ
thumbnail_20171102084920.jpg

 以前は100グラムだったんすよね、それがレギュラー何チャラって
名前が変わってこのグラムになったんすが、先日買ったのはなんと
これ
thumbnail_20171102084959.jpg

 いやはや、生々流転、変わらない物は無いのだなと、般若心経の
様な心持ちでアリマス。

 で、  わがいのち 汁にむかひて しづかなる と、思うのでした。

十五夜

thumbnail_20171003083118.jpg

 楽しみは 春の桜に秋の月 夫婦仲良く三度食う飯  五代目団十郎 

 明日は十五夜でアリマス。お天気の方は中々難しいようですが、ともあれ
秋深しって感じであります。

 ちょっと前まではキュウリやトマトなんかの夏野菜が楽しみではあったの
ですが、はて、秋って云ったら何だろう⋯。 芋栗ゴボウってとこかしら?
あ~、秋ナスってのも有りましたな。 なんて、食べる事ばかりでチットモ
風情がありませんが、それはそれで食欲の秋って事で。

 あそうだ、先日美味しい卵を戴いたので、ご飯の上にパカッと落として
『月見ご飯』なんて好いんじゃない?と、思うのでした。

おはぎ

thumbnail_20170912082837.jpg

 我が家のシソとピーマンの横に、今年もいつの間にか彼岸花が
咲いております。 以前も書いた覚えがあるのですが植えた
覚えがない。  でもまあ、好きな花なので咲くとやっぱり嬉しいです。

 そう云えば来週はもう秋の彼岸であります。 あちこちで台風だ大雨
だとニュースを見ながらハラハラしておりますが、少しづつ秋めいて
まいりました。

 アタシ、お墓参りの習慣が無いもんで、お彼岸と云ってもイマイチ
ピンと来ないのであります。  とはいえ秋。 スーパーでおはぎでも
買って、日ごと広くなってく夜空を眺めてお茶と一緒に戴こうかしらん、
と、思うのでした。

終戦記念日

thumbnail_20170815074323.jpg


   いつまでも いつも八月十五日  綾部仁喜

 御暑うございます。 アタシみたいな戦争を知らない子供・・・じゃないな
もうGGカード持ってるし。まぁ兎に角体験者じゃないんすけど、それでも
やっぱり色々感慨深い日であります。

 あの当時の事なんかを見聞きすればするほど考える事が増える気が
します。 一体あれって何だったんだろうって・・。

 ま、考えたって答えなんか出ないんですけどね、でも、だからこそ
考えなきゃイカンと思うのであります。

 それはそうと、『八月十五日』って夏の季語なんすね。確かにこの日の
イメージってったら『青空』『入道雲』『蝉しぐれ』って感じなんすけど・・・。
一体どこで刷り込まれたんだろうアタシ、と、思うのでした。