歳の暮れ

101231.jpg


 暮もいよいよ押し詰まって大晦日、皆様如何おすごしでしょうか。
先日読みました本の中に『秋の暮 嬉しや今日も 腹立たず』の
古句を見つけました。 良いっすねぇ、嬉しや今日も・・・

 もじって一句 『年の暮れ 嬉しや今年も 腹立たず』って まんま
やないけ。とまあそんな暮を迎えられるように一年を過ごしたいもの
であります。

 さておき、今年も皆様には大変お世話になりました。こうして皆様の
御好意を戴くばかりでその何分の一も世の中にお返しできずにまた
一年過ぎてしまいました。

 いやいやまったく面目ないと思いつつ、この一年、本当に本当に
有難う御座いました。 重ねて重ねてお礼を申し上げます。

 では、皆様良いお歳を、と、思うのでした。
スポンサーサイト

クリスマスイブ

101224.jpg

   ほんものの  樅は嵐や  クリスマス   正雄

 クリスマスイブであります。 仏教でいえば灌仏会前日・・・
って書くとわけ解んなくなっちゃいますがあれですな、もともと
クリスマスって冬至の日の太陽再生のお祭りだったみたいすナ、

 そう聞くとナンか色んな風習もすんなり理由が付く様な気がします。
たとえばそう、サンタクロースなんかも消えゆく太陽と、新しい太陽の
間(あわい)から、なんだかわかんない物が出てくる感じで。 一時は
カソリックの教会じゃサンタみたいな解んないもんは認めない、って
火炙りにされたりした事もある様で、あんまりキリスト教とは関係
無かったみたいっす。

 その辺の解んないけど騒いじゃえってな感じが日本でボーナス出た
おとーさんの懐狙ってキャバレーなんかの業界が広めたってお噂も
有りますが、真偽の程はどうなんでしょう。

 まあ、そんな生臭いお話は兎も角、なんたって『聖夜』ですから
自分じゃ無い誰かの幸せを祈ってみましょうか、ひょっとしたら
間の向こうの世界にある何かが聞き届けてくれるかもしれない
ですから。

 と、云う訳で、みんなが幸せになれます様に、と、思うのでした。

まぁこの~

101216.jpg


 先日、一寸した買い物の為近所のホームセンターに行きました。
それだけで帰るのもなんだし、ペットコーナーで鳥さんでも見て行こうと
立ち寄ったのですが残念、鳥さんは扱わなくなっておりました。

 一寸寂しい気持ちで歩いていると水槽のガラス越しにナニヤラ赤い物が
ワラワラしております。 金魚かと思ったら錦鯉との事。

 当たり前ですが錦鯉だって最初は小さいんですよねぇ、良く見れば立派に
ひげまではやして、中々素敵であります。

 錦鯉と言えばついつい連想してしまうのがあの、下駄ばきで庭の池の
鯉達に餌を遣るあの人。これで誰か判ったら40代も後半以上でしょうか。

 ナドと言いつつ、師走も、もう半ばを過ぎました、ますます慌ただしく
なりますが、事故の無い様に気を付けなくっちゃね、と、思うのでした。

歳の瀬

101209.jpg


 これ、松ですよねぇ。 なんだかあまりに素直にスクスク育った感じで
ほっとくと曲がりくねっちゃうってもんでも無いんですかねぇ、それとも
真っ直ぐになる様に育てたんすかねぇ・・・まあ何にせよ綺麗に刈りそろえ
られているのが可愛い。

 なんてどうでもいい事書いてますが、ここ数日漸く、と言うか、とうとう
と言うか、冬らしくなりまして、なんとなく身辺が忙しなくなって来ました。

 今年も例年通り年内いっぱい営業致しますのでもっともっと忙しなく
なってくれると良いなア、と、思っております。どうぞ宜しく。

 お、珍しく仕事の事書いちゃったなア、と、思うのでした。