すごかった

110814d.jpg

 日本橋三越本店で有ります、いや~以前から其処に在るのは
存じておりましたが、先日テレビで見ましてどうにも本物が見
たくなりまして、行って来ました。

 何がって? これであります。

110814c.jpg

  『天女(まごころ)像』

 1960年建立って事で有りますからアタシより一つお姉さん
ですな、(関係無いか・・) 写真小さいのでイマイチ伝わらない
でしょうが兎に角圧倒的であります。大きさも細かさも色も形も
何もかもがすごい、今にも動き出すのでは、いや、動いてるん
じゃないかと錯覚しそうで見上げていると畏れを感じるほどで有ります。

 後姿がこりゃまたすごい

110814b.jpg
 今まさに天から降り立ったって感じで有ります。
う~む 眼福々々。

 も~エスカレーターで何度も昇り降りしちゃいました。

 てな訳で、散歩と言っても唯これを観るだけの為に出掛けた
もんですから、歩数はナント3952歩、驚きの少なさであります。

 イヤしかし一見の価値ありですな、しかしこう云うの考えつく人
の頭の中ってどうなってるんでしょう、考え始めるとまた寝らんなく
なっちゃう(by春日三球)と、思うのでした。
スポンサーサイト

昨日は立秋

110809.jpg

    言うまいと 思えど今日の 暑さかな   不詳

 昨日は立秋だったんすね、て事は今日から秋って訳でこの暑さは
紛れもなく残暑。 まあ、ここ数年の夏の、「え?インフルエンザで
熱でちゃった?」って気温にはまだなって無いから幾分は過ごし易
いと言えるのでしょうが・・それにしても「言うまいと・・・」で、
あります。

 話変わってゴーヤとキュウリ、我が家では道路との境界のフェンス
にツルを這わせているもんで(しかも一緒に)道行く人は気になるんで
しょうな、会う人毎に、「もうキュウリ採った方が良いんじゃない?」と、
言って下さいます。確かに売っているキュウリの様な時期は疾うに過ぎ
て、何やらヘチマかシロウリの様であります。(関係無いけどシラユリの
様なって言ったら褒め言葉だけどシロウリの様なって言ったら違うよな)

 まあ、根が欲張りなんで大きい方が単純に嬉しいって事も有りますが、
この位育つと塩揉みした時チョットソフトな甘みが有ったりして美味しい
気がするんすよね、あと、お味噌汁にしたりしても美味しいし。

 それは兎も角今年はダメかな?と、思っていたゴーヤもそこそこ出来
そうだし、そう考えればこの暑さも有難いのかしらん?

 しかし、「言うまいと・・・」ですな、あ、それと、この季節、言うまい
と思っている事がもうひとつ有りました、
 
 「残暑が厳しいザンショ?」 
 
 すいませんねぇ、やっぱり言いたかったんだわ、と、思うのでした。

110801.jpg

 先日図書館で借りて来ました、「鉋の美」これがえらく面白い。
どこが?って言われても説明が難しいのですが、一言で言うと
『なんじゃこりゃ!』て、感じで有ります。説明になって無いか・・・

 兎に角写真が面白い、どれもこれも使い込まれた感じの鉋の写真
なのですが、そのホトンドガ、あたしにゃ使い道が判らない。
 
 『樋布倉鉋』『筋交決鉋』なんてルビふって無かったら読めもしない
(ちなみに『ひふくらかんな』『すじかいしゃくりかんな』と読みます)

 ね、判んないでしょ?ってあたしだけ? ウンニャ!そんな事は無い
だってこの本の中にも『皆目見当がつかない鉋』ってのが有りますし。

 何と言うか、この本見てると作業の数だけ道具が有るんだなぁ、と
ワクワクしてしまいます、そんでもって、その道具を作る道具が有って
そのまた道具を・・・ってこんくらいにしときましょう。

 改めて『人』ってのは道具を使う動物なんだなと気付かされました。
それにどの鉋も年季が入って滑らかそうな肌合いなんですな、減った処
は丁寧に直してあったりして、使ってた人の道具に寄せる愛情が
伝わってきます。

 ・・・あたしも自分の道具、もっと大切にしよう、と、思うのでした。