訪問者

120619b.jpg


   老いの名のありとも知らで四十雀   芭蕉


 夕飯の準備でキャベツなんぞ刻んでいるとベランダの窓の辺りで
『ボコン』と音が。 ?  ナンジャロカ、と、近寄ると窓の外から
キョトン と、こちらを覗いているではないですか。

 ありゃまぁ、まだ子供なのかしら、数十秒の間ボンヤリ佇んで居りましたが
ふ、と我に返ったのか身を翻してプランターの上に飛び乗りました。

120619a.jpg


 クイッと空を見上げると、先程とは打って変わった精悍さで目にも留らぬ
スピードで何処ともなく消えました。  まるで幻の様であります。

 因みに四十雀、別に初老の四十歳、って訳じゃ無く、鳴き声から名付け
られたみたいっすな。 でもこんな可愛らしい生き物に、この名前?
ってのが何とも面白いのであります。

 あれ?五十雀ってのもいたよな、ありゃ何でなんだろう、ひょっとして
『ゴジュウゴジュウ』って鳴くのかしらん。

 なんてバカな事、思うのでした。
スポンサーサイト

ピーマン

120608.jpg


 今年はピーマンも植えてみたのでありましたって、何処に?
ってまあゴーヤのわきに。

 今までも、毎年トマトとゴーヤだけではなく、お店で目に付いた苗、
色々植えてはいたのでありますが、だいたい途中で萎れてしまう
のであります。 なので今年はスナップエンドウが出来ただけでも
ラッキーなのにピーマンも(まあ今の処指の先程ではありますが…)
成りつつあるのでとっても嬉しいのでした。ありがたや。

 トコロデこのピーマン、子供の嫌いな野菜では人参と双璧を
成しておりますが(ってホントか?)あたしこれ、初めて食べた時
を覚えております。 まだ学齢前だと思うのでありますが、父親に
焼鳥屋に連れられて酒飲む父親の隣で焼鳥なんぞ頬張っていたら
店のオジサンが一本くれたんすよね。ピーマンを1㎝四方ぐらいに
切って串にズラッと通して焼いたやつ。塩味だったかな。

 で、これがなんだか美味しくってもう一本オカワリシタ記憶が
有ります。 てな訳で、あたしにとってピーマンは子供の頃から
美味しいものだった訳であります。これって単にイヤシイだけだから
かしら。そういや子供の頃から好き嫌いのある友達見ると「なんで?」
って思う反面ナンか上品(?)に見えたっけな~。

 さてさて、今年のピーマン、大きくなったらあの時の様に、串に
刺して食べてみようかしら、想像するだけで幸せな気分になるなア、
と、思うのでした。