東京駅

120922.jpg

 先日、丸の内辺りに所用が有りまして、それなら前々から乗ってみたかった
直通のバス(京成のマイタウンダイレクトバス)で、行ってみようって事で近所の
駅近くのバス停から(もっと近いバス停も有ったのですが合う便が無かったので)
出発で有ります。

 日頃見慣れた風景も高い視界から見ると新鮮で有ります、観光バスみたいで、
旅行気分で有ります。何年ぶりかな、バス旅行・・あ、十年ほど前、福島の原発
見学ツアー行ったきりか・・・ナンテ事思いだしながらも一時間少々で終点、
東京駅に到着であります。

120922b.jpg

 ま、実際バス停から少々歩いたのですが来月リニューアルオープンの赤れんがの
駅舎が見えてきたので一枚、あたしの薬指と記念撮影。

120922e.jpg

 今年は『大正百年』ですもんね、大正三年に竣工のこの建物が、当時の姿にって、
やっぱしすごいっす。

 あたしの様なおっさんには一寸不似合いではありますが新しくおしゃれな八重洲
地下街のパン屋さんでランチをいただき、(食べ放題でしかも美味しかった)その後
今回の上京の目的も果たしましたので、チョット散策で有ります、いや、せっかく
おしゃれな気分なので『フラヌリ』なんて言ってみますか。

120922i.jpg

 で、今年もテレビで観ましたよね、猛暑になるとハトが水浴びしてる映像で有名な
日比谷公園の噴水で有ります。他にも南極の石とか、石のお金とか、遠く日比谷公会堂
ナンかを眺めて、官公庁のある方へ・・

120922j.jpg

 すると・・

120922k.jpg

 お城? お城なの?ナンテ思いながら正面に回ると

120922n.jpg

 法務省で有りました、スゴイッス。と、眺めていると外国の方がカメラを持って、
シャッター押して、て。で、ハイチ~ズッと撮ったら、「これは偉い人のキャッスル?」
て、訊かれました。『法務省』って、英語でなんて言うんだよっとアタフタしてたら
あ~もう良いもう良いってな感じで行ってしまわれました、恥かしい・・実際なんて
言うんだろう・・ と、情けない気持ちで新橋辺りをフラヌリ、いや、フラフラして、
汽車、じゃなくて、電車乗って帰りました。

120922o.jpg


 ナニハトモアレ東京は楽しいな~と、おのぼりさん気分満喫の15,831歩
の、お散歩で有りました。ま、一寸恥ずかしい事も有りますが、これも散歩の
醍醐味だい、なんて、強がってみよう、と、思うのでした。
スポンサーサイト

食欲

120921.jpg


     朝顔や 昼は錠おろす 門の垣  芭蕉

 秋めいて朝顔も一層色鮮やかであります。 夏休みの観察日記の
イメージでしょうか、『夏』って感じの朝顔ですが、季語としては『秋』。
 そう思って見れば、そこはかとなく寂しげであります。

 それはそうと、先日、船橋の蕎麦屋さんでラーメン食べまして、って
チョット変かな。いや、あたし小学校の六年まで船橋に住んでましてね、
あたしの中のお蕎麦屋さんてそのお店なんすよ。

 この正月、思い立って四十年ぶりに本町通りに在るそのお店に行きまして
モリ蕎麦イタダイタんすが、ず~っと憶えていたあの味のまんまだったので
「よしっ、次は懐かしのあのラーメンだっ」と、心に決めまして、で、今回
こーゆー事に相成った、て、訳であります。

 味はどうだったかと言うと・・・うん、やっぱり昔のままで有りました。美味しかった
因みに前回今回と一緒に行った連れは、二度共種類は違いますが汁物の蕎麦、
注文したのですが、『山盛りの汁蕎麦』に、二度とも驚いておりました。
・・・昔は普通の量だった気がしますが・・・イツカラこんなに増えたのかしら。

 忙しく立ち働く小学校時代の同級生の姿に、四十年の時の流れを想ったりしたの
ですが、自分でも意外な程好もしく感じて、ニヤニヤしながらカツオ出汁のラーメン
啜りました。今度行った時はかつ丼かな。(って、蕎麦やなんだから蕎麦食えよ)

 あ、何かお腹すいてきた。ところで、七草って有るじゃないすか、あれ、春は
憶えてるんすよ、せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、
とりかぶと、って、一個多いか。 でも、秋の方はなかなか覚えられない、はぎ?
ききょう?・・・おばな?・・・う~ん、すすきって同じか・・・。

 なんででしょうね、春はお粥にするけど秋は食べられないからかな、う~ん。
食欲の秋なのになア、と、思うのでした。

 

残暑ザンショ?

120906.jpg


 プランターのオクラにとっては夏真っ盛りの様ですが、明日は白露、
そろそろ秋めいてくる頃ではあります。 そう言われてみれば、朝夕
それなりに過ごし易くなって来ましたし、夕方ひょっと虫の声なんぞ
聴こえて来たりします。

 アチラコチラノ田んぼでは稲穂が随分頭を垂れて、そろそろ刈って
くれろと言いたげであります。  が、しかし、日中は暑いっすな。

 まあ、毎年似た様な事ばかりブツブツ文句を言ってはおりますが、
残暑も不快だけど嫌いな訳じゃ無いっす。 仕事が終わって水浴び
するのは気持ちいいし、(第三の)ビールなんかも美味しいし、そよそよ
と涼しい風なんぞ吹いてくればもうそれだけで幸せな気分になったり
出来ますしね。

 ま、要するに単純なんすナ。愉快と思えば愉快、不愉快と思えば不愉快、
チョット愉快と思えばチョット愉快。  ・・・とは言えやっぱりあんまり
暑いのはしんどいなア、と、思うのでした。