鹿島神宮

130926.jpg


 連休ですし、一寸思い立って行って来ました鹿島神宮。
我が家からですと、車でのんびり2時間かからない位かしら、ま、
途中寄り道しながらでしたから、もうすこしかかりましたけど。

 こないだの震災で鳥居が倒れちゃったので、パッと見判りにくいっす
けど、何はともあれ深呼吸したくなっちゃいますな。

130926a.jpg


 案内板を見てみると、意外にこじんまりしておりますな、森は
広いっすけど。 で、立派な門をくぐって参道に・・


130926b.jpg


 流石に木陰の道は涼しいです、この夏は雨が少なかったせいか
蜂が一寸怖かったすけど。

130926c.jpg


 で、今は改修工事中の本殿を参拝して、鹿に餌をやる子供たち
を見物して、(そうなんだ、このシカ、ここから春日大社行った
鹿の子孫なんだ)チョット今回ユルンじゃったのかなって、『要石』
見物して、フラフラ歩いてると、


130926d.jpg


おぉ、『君が代』に出て来る『さざれ石』ですか、知ってますよ、
『君が代は 千代に八千代に八千鉾の・・・』あれ?ちがった?

 なんて事考えてたら、思い出しました、アタシここ、来た事有
りました。 うん、20数年前のこってすな。う~ん懐かしい・・
て程、記憶に無いっす。『忘れようとしても思い出せない(by赤塚
不二夫)』って感じで有ります、ホント、昔っからボ~っと生きて
るな・・・。

 帰り道、霞ケ浦を眺めて暫しボ~っとして(またかよ)すごした
8,939歩のお散歩でありました。

 いつの日か、また訪れた時も、やっぱりボ~っとしてるのかなア、
と、思うのでした。
スポンサーサイト

お天気

130905.jpg


 季節の移り変わりってのはこう、何と言うか、「あら?もうこんな季節?」
みたいな(どんなんだ?)目を凝らすと見えて来るようなゆるやかなかそけき
物の様に思っておりましたが、ココン処のお天気、何とも荒々しい感じで
有ります。

 先日の竜巻のニュースで見た地名に覚えが有りまして、今は年賀状の遣り取り
だけになってしまっていた方に電話しました。 幸いその方のお宅には被害が
無かったそうですが、報道のヘリコプターの音やらで、近隣は騒然としている
そうでありました。 何はともあれ良かった。

 もう二十年ぶりになるのですが、変らぬ声にその頃にタイムスリップした様
であります。

 しかし、このお天気、いつまで続くのでありましょう、何とも、不安だなア、
と、思うのでした。