愛鳥週間

160510.jpg

   つばくらや 扇ならべし 店の窓  杢太郎

 今年も、近所の商店街では沢山のツバメが飛び交っております。
あちこちに架けられた巣の中では嘴の端に黄色いパッキンを付けた雛達が
むっとした顔で並んでおります。 ボンヤリ歩いていると燕の子安貝ならぬ
落し物の直撃にあったりします。 それはそれで『ウン』が付いたりして・・・。

 本来愛鳥週間は野鳥愛護の為ではありますが、勝手に拡大解釈して
我が家の鳥さん達にも適用したりなんかしてって、特にいつもと変わり
ないんですが。  まぁ、あんまり遣っちゃイケないのかもしれないけれど、
好物の『ごま』2~3粒づつ遣ろうかな。  そうそう、ベランダに来るスズメにもね。

 ゴールデンウイークも過ぎて、五月もこの辺りになると大分夏の気配が
濃厚になって参ります。 唐揚げで生ビールも良いなとか考えたりして、
なにしろ鳥は、見るのも食べるのも好きなモンデ。 とは言っても、我が家の
鳥さんは食べる気しないなやっぱり。  食べるとこ無さそうだしって、違うか。

 しかしまあなんですな、野鳥が住み易い世の中ってのは、結局人が住み易い
世の中って事なんでしょうな。 ナンテ事を、カーテン越しのスズメの影を眺めながら
思うのでした。

 
 
スポンサーサイト